下水道既設管路耐震技術協会〜
非開削で行う既設マンホールの地震対策工法
工法紹介
既設人孔耐震化工法
工法概要
基本概念
基本性能(適用範囲)
特長
施工概要
施工手順
フロートレス工法
耐震一発くん
変更技術審査証明
カタログダウンロード(PDF)

HOME 協会概要 工法紹介 施工実績 お問い合わせ 会員ページログイン
既設人孔耐震化工法(ガリガリ君)
基本性能(適用範囲)
適用管種   : 鉄筋コンクリート管、陶管、塩ビ管
適用管径 : 呼び径250〜700
耐震性能 :①既設管・更生管(複合管)<切削溝幅15mm>
 ・屈曲角:1.0°
 ・抜出し・突出し:40mm
 ②更生管(自立管)<切削溝幅25mm>
 ・屈曲角:5.0°
 ・抜出し量:100mm
 ・突出し量:40mm(1.0°)
耐震性能は、(社)日本下水道協会「下水道施設の耐震対策指針と解説(1997年度版)」より基本性能を設定。