下水道既設管路耐震技術協会〜
非開削で行う既設マンホールの地震対策工法
工法紹介
既設人孔耐震化工法
フロートレス工法
工法概要
マンホール浮上のしくみ
基本概念基本概念
特長
施工手順
耐震一発くん
変更技術審査証明
カタログダウンロード(PDF)

HOME 協会概要 工法紹介 施工実績 お問い合わせ 会員ページログイン
フロートレス工法(マンホール浮上抑制工法)

基本概念

過剰間隙水圧を瞬時に消散
地震時に発生する過剰間隙水圧を「消散弁」により瞬時に消散させます。
これにより、マンホール周囲の液状化現象を抑え、マンホールの浮上を抑制します。

過剰間隙水圧を瞬時に消散

消散弁
 消散弁は、受圧板・ソケット・メッシュ等で構成しています。地震時に過剰間隙水圧が加わると、受圧板が外れることで水圧を消散させます。
 また、消散弁の地盤側は、メッシュ構造になっており、土砂等がマンホール内に流入するのを防止します。

過剰間隙水圧消散弁