下水道既設管路耐震技術協会〜
非開削で行う既設マンホールの地震対策工法
工法紹介
既設人孔耐震化工法
工法概要
基本概念
基本性能(適用範囲)
特長
施工概要
施工手順
フロートレス工法
耐震一発くん
変更技術審査証明
カタログダウンロード(PDF)

HOME 協会概要 工法紹介 施工実績 お問い合わせ 会員ページログイン
既設人孔耐震化工法(ガリガリ君)
特長
特長
  1. 既設マンホールと管の接続部を、非開削により耐震化します。
2. マンホールの蓋は、内径600㎜以上で施工が可能です。
3. 管内径700㎜までの施工が可能です。
4. 耐震性能は、レベル2地震動による最大屈曲角1.0度、最大突出し長さ40mmまでの変位に対応し、下水の流下機能を確保します。
5. 周辺地盤や地下埋設物、地域住民の生活、交通などへの影響が少ない工法です。